歴史からお手入れまで印鑑豆知識

歴史からお手入れまで印鑑豆知識

銀行の口座を開設するとき、車を購入するとき、マイホームを建てるときなど人生の節目から、子供の学校への届出や回覧板への押印、宅配の荷物を引き取り時の押印などのちょっとした押印まで、いろいろな場面で必要になるのが印鑑です。

印鑑はどこからどのように使われるようになってきたのか? 契約書に押印するとき、どういう意味があるのかわからない。 署名と記名ってどうちがうの?押印と捺印は同じことなの? 印鑑にお手入れって必要なの?

このサイトでは印鑑の歴史、日本に印鑑が伝わってからの歩みの紹介と契約時の印鑑の使用事例である契印、割印、捨印、止印の解説や署名と押印の証拠能力の強弱と捺印と押印の違い、印鑑の素材別のお手入れ方法などを紹介しています。

実印や銀行印は大切な物ですので取扱いは慎重にする必要があります。通帳や権利書などとは別々に保管することをおすすめします。印鑑登録カードを持っている場合には印鑑とは別々に保管し、住所氏名がわかる物とは一緒に保管しないようにしてください。印鑑証明書が手元にある場合も実印とは別の場所に保管します。実印や印鑑登録証明書は他人や親族に預けることもトラブルになる恐れがあるのでやめたほうが賢明です。